野洲市で色々な施術をしても改善しない肩こり、腰痛に効く整体は『てもみーる』にぜひお問い合わせください。

ボディケア&リラクゼーションてもみーる

tel077-574-8058

10:00 - 20:00 / 時間外応相談
※完全予約制

ブログ

ブログ

2019/07/23

骨盤矯正の必要性



普段の生活で「骨盤、歪んでいるかも」と思うこと、ありませんか?
上半身と下半身をつないでいる骨盤はとても重要な骨ですが、私たちが思っている以上に負荷がかかっています。大事な骨盤が歪んでいると、どうなるのでしょうか。
今回は、なぜ骨盤を矯正することが大切なのかについてお話します。

<なぜ骨盤は歪むのか>
そもそも、骨盤はなぜ歪むのか知っていますか?
骨盤が歪む原因としては、足を組んで座ったり、腕組みをしたり、姿勢の悪さが挙げられます。これらに共通しているのは、背中と腰が丸くなり、身体を支えている中心部分に負荷をかけているということ。この状態を放っておくと、骨盤はどんどん歪んでいきます。

骨盤が歪むと身体のバランスが崩れるので、左右で肩の高さが違ったり、歩き方が不格好だったり、O脚になります。また、骨盤の歪みは血行やリンパの流れを悪くし、下半身のむくみにも繋がります。

骨盤は歪むだけでなく、開くこともあります。加齢により骨盤周りの筋力が低下すると、骨盤が開いてしまいます。骨盤は子宮や卵巣といった臓器を守る役割もありますが、それが開くことにより上の内蔵が下がり、守られていた子宮や卵巣を圧迫して生理痛の悪化を招きます。胃が下がると胃下垂になり、下腹がぽっこりと出るようにもなります。

<産後の骨盤>
赤ちゃんを生んだ後の女性の骨盤は開いた状態です。
妊娠中は赤ちゃんを守り、出産時は赤ちゃんが産道を通るときに圧をかけられと、妊娠から出産まで骨盤はとても仕事をしています。大きな負担がかかった骨盤は、出産直後は閉じますが、1ヶ月半ほどは骨をつなぐ筋が弱く、骨盤が開きやすい、歪みやすい状態なのです。

開いた骨盤をそのままにしておくと、下半身のむくみや体型が崩れるばかりか、太りやすくなったり、骨盤周りや股関節付近が痛んだりします。
そのまま次の出産を重ねると、骨盤はどんどん開いていきます。時間を置くとそれだけ状態が悪化するので、産後のケアは早めに行いましょう。

<骨盤矯正で身体を正常に>
骨盤は上半身と下半身をつなぐ大事な部分です。骨盤が歪んでしまうと、下半身にも上半身にも悪影響を及ぼし、体調不良や重大な疾患を引き起こすこともあります。
姿勢が悪いだけ、バランスが悪いだけと放置していると、気づかない間に重症化してしまうかもしれません。疲れが取れにくかったり、歩き方が気になったり、O脚や下半身のむくみに悩んでいる人は、一度骨盤矯正を試してみてください。

骨盤の歪みは日常生活も歪ませてしまいます。正常に戻して、健康的な生活を送りましょう。

おすすめの記事