野洲市で色々な施術をしても改善しない肩こり、腰痛に効く整体は『てもみーる』にぜひお問い合わせください。

ボディケア&リラクゼーションてもみーる

tel077-574-8058

10:00 - 20:00 / 時間外応相談
※完全予約制

身体が動かしにくい方へ

身体が動かしにくい方へ

花
身体が動かしにくい方へ

こんなお悩みはありませんか?

  • イメージはできるのに、昔と同じように身体を動かせない
  • 起床時、身体が固まって動かないことがある
  • 手足の指の曲げ伸ばしがしづらい
  • 膝や肘が曲げにくい
  • 長時間同じ姿勢をした後、すぐに身体が動かない

花原因と症状

1.加齢による身体の固まり
歳を重ねると、関節にある軟骨組織が減っていき、関節の周りや骨が変形し、痛みや身体の固まりに繋がります。
女性特有の更年期障害も、身体がこわばる原因です。女性ホルモンが減少すると、ホルモンバランスの急激な変化に身体が対応できず、身体が固まることがあります。

加齢と共に発症率があがる病気の例として、リウマチ性多発筋痛症は50歳以上の中高年者に多く発症する疾患です。
筋肉痛や関節痛、発熱などが起こり、両肩の痛みやこわばり、起床時の身体のこわばりといった症状がみられます。似た症状で関節リウマチがありますが、こちらは30~50歳代の女性に発症が多く見られます。
2.障害による身体の固まり
脳卒中の後遺症に痙縮(けいしゅく)という障害があります。これは筋肉が緊張しすぎて、手足が動かしにくくなったり、勝手に動いたり、指が曲がったままなどの症状です。この症状は身体がうまく動かせないので、日常生活に支障がでたり、怪我につながったりします。

また、交通事故やスポーツ中の事故などで脊髄が損傷されると、脳から信号が伝わらなくなり、麻痺や運動障害などの障害が生じます。重たいものだと日常生活もままならないような後遺症が残ります。
3.日常生活による身体の固まり
普段から運動をしないと、筋肉はどんどん落ちていきます。その状態で若い頃と同じように運動をすると、イメージはできるのに身体がそれについていけず、筋肉痛になります。身体を動かすには一定量の筋肉が必要なのです。
また、冷えも原因の1つです。冷えると血行が悪くなり、老廃物が溜まって筋肉がうまく動かなくなります。

長時間同じ姿勢を維持しつづけていても、身体は固まります。同じ姿勢で居続けるということは、筋肉をうまく使えておらず、一定の負荷をかけ続けるということです。そのままにしておくと、筋肉が酷使されて固まってしまいます。

花てもみーるの施術

体が動かし辛いという体験は誰しも一度は体験した事があるかと思います。そしてそれは、若い時よりも年を重ねてからの方がより高頻度で感じると思います。では、体の動かし辛さは加齢によるものなのか? 答えは否です。仮に加齢のみが原因であるとすれば、若年者は体の動かし辛さを一切感じる事はないはずです。

では、体の動かし辛さは一体何が原因で起こるのか。てもみーるでは、それを筋肉の緊張であると考えています。
そもそも、人の体は筋肉が収縮することで骨を引っ張る事で動く事が出来ています。
では、この骨を引っ張る筋肉が固くなり、収縮する力が落ちればどうなるでしょう? 当然ですが骨を引っ張る力は弱くなり、体を動かすという行為そのものが行い辛くなります。

また、筋肉の緊張は骨の位置も変えてしまいます。骨の位置が捻じれてしまい、本来の関節の形と異なってしまう。あるいは、特定の方向に常に力がかかっている状態であれば、当然体の動きはスムーズではなくなってしまいます。
そして、これらの原因は特定部位だけには収まりません。例えば腕が捻じれた場合、肩を動かしてしまいます。肩が動けば体幹が動きます。体幹が動けば背骨が動き、骨盤を歪めてしまいます。骨盤が歪めば股関節がずれ、脚のつき方も変化して今います。この様に、どこかで発生した力は他の部位にも影響を与え、結果として全身を動かし辛い状態へと変化させてしまいます。

そのため、てもみーるでは全身の筋肉の緊張を緩解し、動いてしまった骨の位置を元に戻します。そうする事で、本来体がもっている力をロスなく発揮する事が出来る状態とする事を目的としています。